読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぐーたら桃子のマイルの旅

国内外問わず、地域情報や海外情報を書いていきます

留学する勇気がない人、お金がない人へ

f:id:momoso0409:20170426172637j:plain

 

「留学したいけど英語喋れないし・・・。」

「英語喋れないから、留学したって周りについていけなくて無駄になりそう。」

 

きっと、留学したいなって思っているほとんどの人が不安をかかえているかと思います。私もそうでした。

 

中学の英語のテストはいつも50点以下。ライブラリーのスペルさえわからない。私の高校の英語の授業は高校1年生まで。本当に恥ずかしいくらいに英語が出来なかった私。喋れても「Thank you.」「I'm sorry.」くらい。英会話教室に1年間ちょっと通ったが、それでも喋れない・・・。しかし、どうしても留学は諦められず勇気を出しました。

 

当時21歳フリーター。留学いつ行こう、でもお金ないし・・・なんて思っているとある言葉が流行。

 

 

今でしょ!!」

 

 

実はこの言葉、私を留学に導いたきっかけになったマジカルフレーズ(笑)

「あ~どうしよう、う~ん、いつ行こう。あっ!!今だ!!」

そんなことを思った日、即バイトを探し、その日に電話。そして、バイトをかけもちすることに。そして、留学サイトを調べ、説明会に参加しました。話を聞けば聞くほど、早く行きたくてどうしようもなくなり、半年以内にお金を貯めようと決意。それからの日々は大変でした。

 

朝5時に起き、6時半~12時まで1個目のバイト、12時半~21時半まで2個目のバイト。月の休みは4日あるかないか。一日13時間労働。睡眠時間はたった4時間。仕事の休憩中にちょっと寝るが、仕事中も立ったまま寝そうなくらい常に睡魔に襲われ、顔色も悪い状態。そんな生活を約半年続け、ようやく留学資金が貯まりました。

 

お金が完全に貯まる前に留学やチケットの手配はしていたので、そこからはただ準備するだけ。ちょっと単語帳や文法の勉強はしましたが、対して実力は高まらず。(ちなみに親に留学行く話をしたのは行く1か月切ってから。一人でこっそり予約しました。)

 

結局、いく決意や準備は整ったものの、英語力は全然変わらないまま。勿論、不安も残ったまま・・・楽しみというワクワクした気持ちと、英語が喋れない不安と、知り合いがいないという心細さ。かといって、もう逃げ場はない!!

 

実際に一人で行ってみると、同日に入学する予定の数人の日本人生徒と学校まで同行してくれる日本人スタッフが!!行きの車の中で話をしていると他の皆もそれほど英語得意というわけでは無さそう。少しほっとしました。一つ目の問題、友達がいないという壁はクリア。(比率は日本人6:韓国人3:その他1くらいだったと思います)

 

私が行ったのはフィリピン留学ですが、1日の授業は6時間、内5時間はマンツーマン授業、1時間はグループレッスン。英語しか喋れない先生たちと二人きりとか大丈夫?!なんて不安に思っていました。

 

入学するとまずはレベル分けテストが行われます。ビギナー(1~3)、インターミディエート(1~3)、アドバンス(1~3)の全9段階。

ちなみに私の最初のレベルは恥ずかしながら、下から2番目のビギナー2(^O^;)全生徒の内、6割くらいが初めはビギナーからのスタートのようです。おかげで私だけが喋れないわけじゃないって少し安心しました。

 

 

実際に授業を受けて見ると、先生と狭い部屋で二人きり。もの凄い気まずい上に疲れる・・・

 

「ああ、なんて私は英語が喋れないんだろう。こんなにバカなんだろう・・・。」

 

なんて、思っているのも束の間。段々この状況に慣れてくる。先生たちは優しくて、ゆっくり話してくれるし、一生懸命わかるように教えてくれる。私はひたすら、笑って誤魔化す。(笑)

 

1個の授業時間は50分、それが一日5時間続く。話せないけど、話すしかない状況!!これって辛いけど、物凄く良い環境だと思いました。日本に居たら絶対にあり得ない状況ですもんね。3か月の留学を経て、結果インターミディアム2のレベルまでランクアップしました。海外旅行に行っても困らない程度くらいですが、英語に対する抵抗はかなり減りました。

 

結局、その状況になったら、嫌でもやらざる得ないこともあるんです。でも、それって成長の第一歩だと思います。留学に行くことにしろ、何か新しいことを始めるにしろ、一番大切なことは自分自身に勇気と自信を与えることだと思います。

 

出来ないのは自分だけだと思い込まないこと。

やるって決めたら即行動すること。

人生やらなきゃいけない時がきても、どうにかなっちゃうものなんです。

 

結局、自分を作るものって一番は環境なんですよね。

何も話せない状態で留学しても話さないといけない環境、周りも一生懸命勉強しているから自分も勉強したくなる環境。勇気がないなら、強制的にその環境を作ってしまえばいいのです!!

 

「逆境に置かれれば置かれるほど、人は成長できる。」

 

ブログを始める人の心構え5点【なぜ更新しなくなるのか?】

f:id:momoso0409:20170426160430j:plain

 

「ブログを始める人の9割が1か月以内に辞めてしまう」

 

 

私がブログを始めたのは、約5ヶ月前の11月。その期間中に書いた記事は42記事。4日に1回更新している計算になりますが、実際のところ、最近の更新は月に1,2回程度。ほとんどの記事が、ブログ始めたてに書いたものです。そんな私ですが、更新しないことで発見したこともいくつかあるので、書こうと思います。説得力がないかも知れませんがご了承ください。

 

 

【なぜ更新頻度が減ってしまうのか?】

【なぜブログを辞めてしまう人が多いのか?】

 

 

まず、これからブログを始めるにあたって覚えておくべきことがいくつかあります。

 

 

 

(1)アクセス数を気にしない

 

ブログを書き始める最初の1,2週間は落ち込む程アクセス数が少ない。一日に10人〜20人程度しか見てもらえません。「せっかく書いたのに誰も見てくれないなら書いてる意味がない。」と思い辞めてしまう人が多いようです。

しかし、初めはアクセス数なんて気にしないで下さい!少ないのは当たり前。グーグル検索でも出てこないし、読者もいない。どんなにあなたの記事の内容が良くて、誰もが見たくなる内容だったとしても、そこにありつけません。ある程度更新して、グーグルに認められてやっと見てもらえるようになるのです。

 

他の方の記事を読んでも書いてありますが、アクセスが増えるまで約3ヶ月必要です。初めにも書きましたが、私はここ最近は月1、2回ペースでしか記事を書いていません。しかし、ほぼ毎日書いていた1ヶ月目のアクセス数よりも断然、多くの人が見にきてくれています。何も更新していなくても、1日100人はアクセスがあります。アクセス数が急に上昇したのは、丁度ブログ開設3ヶ月目の頃からでした。

 

「ブログのアクセス数が伸びるのは3ヶ月目から」

 

 

(2)趣味or仕事の一貫としてやる

 

大分すると、半数は日記、残り半数は情報配信やちょっとした副業を目的としてブログを始めるかと思います。最初のうちは、やる気満々で始めるかと思いますが、次第に書かなくなってしまう。ダイエット等と同じですね。

ブログを続けられる人は、楽しみながら書ける人、若しくは、仕事だと思い本気でやっている人でしょう。

 

「楽しむか、本気でやるか。」

 

 

(3)頑張らない

 

⑵と似た内容ですが、頑張ってはいけません。書きたい時に書けばそれで良い。毎日出来たら、尚良し。義務化されては楽しめないし辞めてしまう一因にもなり得ます。私も始め経てはそうでした。

 

「あ、今日更新してないから急がなきゃ!」

「もうすぐ12時回っちゃう。早く書かなきゃ。」

 

睡眠時間を削ってまで必死になって書こうとしていたため、段々更新しなくなってしまいました。

 

「義務化しない。」

 

 

(4)時間に余裕を持つ

 

文章力がある人は、パパッとすぐに書けるかも知れませんが、文章を書き、編集し、画像を載せて…なんてしていると、なかなかの時間を要します。

趣味が多いと後回しにしてしまったり、社会人だと残業で帰りが遅いと更新が滞り気付いたら辞めていたっという事も。働きながら更新している人は本当に凄いなと思います。いつ寝てるのだろうか…。

 

 「毎日書かず、時間がある時にストックする」

 

(5)仲間を見つける

 

何かをする時って、1人よりも仲間がいた方が楽しいし、続ける気にもなりますよね!!アクセスも伸びないし、読者もいないし、孤独だとよりやる気を無くしてしまいます。

親友と一緒に始めるも良し、ブログを通して仲良くなっても良し!私の場合は、夫とそれぞれにブログを始めましたが、お互いに更新しなくなってしまったため、書く意欲が薄れてしまった次第です。

 

「お互いを高め合える存在を見つける」

 

 

 

以上、ここ最近更新をさぼり続けている「ぐーたら桃子」の視点からの心構え5点でした!!

 

なぜ、海外に行くと価値観が変わるのか?!7つの価値観

 

f:id:momoso0409:20170329162725j:plain

 

 

「海外に興味がない。」

「海外怖いから嫌だ。」

 

そんな人でさえ、一度海外に行くと、何故か虜になってしまう海外。

 

私が英語を勉強するようになったきっかけは、1つ目は従姉妹が国際結婚したため、2つ目は日本に来る外国人観光客に話しかけられた時に何も答えらなかった時に悔しかったからでした。元々、旅行が好きだからという理由もありますが、そのようなキッカケもあり、英語の勉強を開始し、実践するために海外旅行に行きました。

 

初海外旅行は20歳の時、オーストラリアへ。

 

某大手英会話教室に通ってはいましたが、英語は苦手な方でした。実際に海外に行ってみると、語彙も文法も全然わからず、何よりスピーキングとリスニングがダメダメ…。困っている時に話しかけられても、本当に理解出来ませんでした( ̄▽ ̄;)喋るときも、単語を組み合わせるだけ。わからなくても、ゆっくり、わかるまで話しかけてくれる海外の人達の優しさを物凄く感じました。

 

学生時代授業で英語を勉強したにも関わらず、なぜこんなに話せないのか・・・。 

話せない悔しさが込み上げてきました。

 

「なんで、もっとちゃんと勉強しなかったんだろう。」

 

たまたま、友人と海で遊んでいる際、中国人と台湾人3人組に声を掛けられ、5人で近くのレストランで食事をすることに。(今思うとナンパだな…笑)彼らはワーキングホリデー等の経験もあり英語がペラペラ!!歳も近く、危険な雰囲気も無かったので夜の浜辺で走り回ったりしました。

 

携帯の翻訳アプリを使いながらの会話でしたが、そんな私達に構ってくれる本当に優しい人達でした。今でもFacebookを通して繋がっています。今会えば、少しはまともに会話出来るでしょうか(^_^;)それが私の最初の外国人友達です。そして、この発海外旅行が私の価値観を変えた1つの出来事でもありました。

 

 

なぜ、海外に行くと価値観が変わるのか?

 

(1)自分の英語力があまりにも低いこと

 

学校で英語を学ぶのと、実際にそれを使って会話することは雲泥の差があります。ネイティブにどんなに簡単な英語を話して貰っても、

 

「ネイティブの発音を聞き慣れていない」

「会話のスピードに慣れていない」

「喋り慣れていない」

「語彙不足」

「実践英語をほとんど習っていない」

 

etc...などと言った要因でなかなか会話ができません。ネイティブの方に文字に起こしてもらうと、ビジネス以外なら中学生の時に学んだ簡単な英語だったというパターンが多々でしょう。

友人がアメリカに行ったときに「これなんですか?」と聞くと「バニャライス」といわれ戸惑ったと聞きました。バニラアイスの事だったそう。飛行機内で「coffee,please」って言ったら水が出てきたという話もよく聞きますね。

 

(2)海外の人は自己愛が強い

 

良い意味でナルシストが多いです。男性でさえ常に鏡を常備していたり、自撮りが大好き!本当に皆が皆、写真慣れしています。自分は自分、他人は他人と各々個性があります。日本だと他人の目を気にしがちであまり個性を出しませんよね。

 

(3)家族愛が強い

 

「クリスマスは家族とホームパーティー」

「電話で連絡を取り合う」

「家族写真をたくさん撮る」

「家族に恋人を紹介する」

 

Facebookで繋がっているフィリピン人の友達たちはかなりの頻度で家族写真をアップしています。なんでこんなに仲良し何だろうと思うくらい、皆幸せそうです。

 

(4)陽気

 

海外の店員さんは突然歌いだしたり、踊りだします。街中を写真撮っていると、突然ポーズを決めたり、一緒に撮ろう!って写真に入ってきます。隣の人は皆友達感覚なんでしょうね。

(5)スリルが楽しい

 

これはその人にもよると思いますが、「コミュニケーションを取るのが難しい」「どこに行けばいいかわからない」「詐欺られるかも」などと常に警戒が必要です。

日本は犯罪が少ないので、安心しきっている人が多く、特に初めての海外だと不安ばかりですよね。頼れるのは一緒に行った友達、恋人、配偶者や家族のみ。でも、そのドキドキが癖になります!!サバイバルをしているような感覚ですね。普段甘ったれて、誰かに頼ってばかりいる人(私みたいな)でも、少し前に進んだ気分になります。

 

(6)現実逃避できる

 

海外に行くと非日常の世界。6日間ほど時間があれば、仕事や勉強なんて全部忘れられます。

日本で過ごすのと特に違うのは、「携帯が使えないので取引先から電話が来ない」「電波がないので携帯が使えないため、無駄に携帯をいじらない」「同行者以外日本語を喋らないので、異次元の世界にいるような感覚になる」など。

宿泊先が水上コテージやヴィラ、海の見えるホテル、森の中のホテルや豪華ホテルに泊ったら、自分がお嬢様になった気分になれます。笑

 

この非日常がやみつきになり、海外に興味が出て来たという人が多いでしょう。どんなに困難な海外旅行でも、また行きたいと思う一番のきっかけでしょう。

 

(7)お金がある≠幸せ

 

留学中に、同い年のフィリピンのティーチャーから聞いた話です。バスタオルをどのくらいの頻度で洗うのかという話題になり、私は「毎日洗うよ!」と答えるとティーチャーは、

 

「私は週に1回かな。だって、洗った身体を拭くだけでしょう?それに洗濯機がないから手洗いなんだよね。」

 

とのこと。フィリピンで洗濯機を持っている人は少ないそうです。発展途上国だとはいえ、洗濯機をもっているのが普通だと思っていた私・・・。かなり驚きました。それでも、彼女は明るく笑顔で話していました。日本人は本当に贅沢な暮らしをしているんだなと実感しました。

 

 

すべてが貴重な経験

 

 

f:id:momoso0409:20170329162845j:plain

 

普段当たり前のようにしている買い物や、公共施設、バスや電車の乗り降りでさえ、海外に行くとそう容易に出来なくなります。携帯に頼ることもできません。自分の無力さに幻滅し、努力するきっかけにも成り得ます。

日本では見られない花や動物を見て、普段食べられない料理を食べ、綺麗な夕日を見て、海外の人の優しさを感じ。時には、家のない子供たちも見かけ。

 

日本の清潔さや治安の良さも身に染みて実感することが出来ます。あまりにも日本が平和なため、平和ボケしていますが、今こうしている時間にも、多くの人が戦争に巻き込まれ死に行く人がいること、生きるために必死で働き食料を探す子供たちがいることを忘れずに。

 

あなたが捨てようとしているその鉛筆一本でさえ、彼らにとっては宝物です。

たった一回飲み会(3000円)を削るだけで、1500人もの人にビタミン剤を支給できます。 

 

 

「今この瞬間に感謝して生きましょう!!」

 

 


www.msf.or.jp

 

■ワールドギフト衣類寄付再利用■:洋服や子供服の寄付を募集、海外支援に役立てます。古着(大人子供用衣類・マタニティー・ベビー服)の寄付募集

寄付する・参加する|海外ボランティアのNPO法人アクション(ACTION)

ユニセフ外国コイン募金(外貨のご寄付)| 日本ユニセフ協会

 

f:id:momoso0409:20170329163026j:plain

プーケットの繁華街といえば、ここパトンビーチ!【レポート⑤:パトンビーチ、Big C編】

 

プーケットの繁華街「パトンビーチ」 

 

f:id:momoso0409:20170201213355j:plain

 

今回は、お土産とスーパーを目的として訪れました。海外に行ったら、スーパーに行くのが私の楽しみの一つ(^^)!!

 

「ウィチットリゾートプーケットホテル」の無料送迎バスでパトンビーチへ向かいます。(約30分)

 

 

到着。

 

 

強風で目に砂が入るし、帽子が飛んでいきそう…波強っ!!

 

私が行った日は残念ながら強風荒波で遊泳禁止でしたが、ここパトンビーチは大きなショッピングモールやスーベニアショップが多く、観光客に人気の地区です。ショップ店員以外はほとんど外国人で埋め尽くされていました。

 

 

f:id:momoso0409:20170201213254j:plain

 

 

ご飯にしようと街中を歩いていると、信号があまり見当たりません。白線のような物は所々ありますが、待っていても車は止まってくれないので車が来てても恐る恐る無理やり渡るしかないので、怖いです。

 

タイだけど、タイ料理はいろいろ食べたので関係ない豪州バーガーのお店へ。オーストラリア産ビーフ100%はやっぱり美味しい!

 

f:id:momoso0409:20170201214043j:plain

 

このパトンビーチ、予想以上に広く、ショッピングモールも綺麗でインテリアもすごい。迷子になりました。

 

f:id:momoso0409:20170201213446j:plain

f:id:momoso0409:20170201214209j:plain

 

 

 

そして、目当てのスーパーマーケット「Big C」に到着。

 

 

f:id:momoso0409:20170201214528j:plain

 

海外のスーパーって、本当、天井が高い!!てか、段ボール詰め過ぎっ!!

 

タイは、フルーツ売り場が広く、フルーツが豊富。フルーツの王様「ドリアン」もあり、フルーツ売り場に異臭を放っていました。

 

f:id:momoso0409:20170201214654j:plain

 

 

タイのフルーツ売り場がものすごく広くて、驚きました。今までいろんな国のスーパーを見てきましたが、フルーツの種類がこんなに豊富なのは初めて!!

 

見たことないフルーツも沢山あるし、カットフルーツもいっぱい!計り売りもしていました。フルーツは、健康的でいいですよね〜♪

 

 

 

お土産は空港以外で買おう!

 

 

スーパー内にもお土産売り場はたくさんありますが、食品以外は路上販売されている物を購入するのがオススメ!!ビーチサンダルやお土産にオススメの石鹸などは路上の方が安く買えます。どこの国も大体そうですが、同じものが3倍くらいの金額で販売されていたりします。お土産は街中やスーパー、卸売場で買いましょう!

 

 

 

タイに行ったら食べるべき王道料理はコレ!?ゾウにも乗ってきたよ【レポート④:象乗り体験、タイ料理編】

f:id:momoso0409:20170118215639j:plain

 

 

タイに言ったら、何をしようか?!

やっぱり、海で泳いで美味しい物食べて、お寺回って〜…。

 

おっと!忘れちゃいけない。

 

タイと言えば、象乗りが有名。もちろん、乗ってきましたゾウ!!(なんて笑 

今回、この象乗り体験は「プーケットしまかぜ案内人」ツアー会社で予約しました。

 

www.bai-mai-tour.com

mileagerun.hatenablog.jp

 

 

象乗り体験 

当日、ホテルまでツアー会社の方が迎えにきてくれます。車で約10分、象乗り体験施設に到着。

f:id:momoso0409:20170118210832j:plain

 

この近くの通りの所々に、ゾウに注意の看板が・・・!!こんなの日本じゃ見られませんね。

 

f:id:momoso0409:20170118210015j:plain

 

いざ、乗象!!

 

f:id:momoso0409:20170118211036j:plain

 

高台から象の背中にあるイスに乗ります。象の頭には、象使いのおば様が。象の背中を触ってみると皮膚が硬く、毛が生えていてザラザラした感触。

 

象使いが象の耳をトントン叩きながら、象を歩かせようとしますが、なかなか歩きません。歩いては止まり、歩いては止まる。

 

f:id:momoso0409:20170118211428j:plain

 

象乗り体験場所は外にある森のような場所で、あちこちがボコボコした坂になっており、かなり揺れます。

 

途中、ゾウ使いに「200バーツ(約600円)チップくれたら写真撮るよ」っていうので、お願いすることに。高いけど、他いないから仕方ないかって…(^^;)しかし、ずーっと連写で写真や動画をひたすら撮ってくれました。良かった!

 

 

f:id:momoso0409:20170118211904j:plain

 

象の頭に乗っていいよっと言われ、緊張しつつ頭の上に。毛がお尻にささる…本当チクチクします!しばらく象が歩き、夫が頭に乗ると、急に象が喜び鼻を鳴らしたり、匂いを嗅いでいました。(女の子かな?)

 

途中、象が立ち止まり、用を足し始めましたが、それがまた凄いこと…流石、身体が大きいから水分も出るものもどちらも見事なこと(°▽°)‼︎そこらへんに大きな水溜りが出来ました。

 

30分ほど乗象し、終わったからホテル戻るのかと思いきや、帰りの車が全く来ない。スタッフに聞いても、5分と言われるも30分以上来ない。これは、タイタイムというやつなのだろうか…

とはいえ、貴重な体験ができました!!

 

 


 

 

タイ料理は健康的で美味しい。

 

昨年、物凄い注目を浴びた野菜「パクチー」。タイ料理といえば、パクチーですよね!

 

トムヤムクンも有名ですね。いろんなタイ料理を見てみると、どの料理もミネラル豊富!!アメリカのジャンクフード等と比べるとかなり健康的です。多少、癖はありますが日本人の舌にあった料理も多いのがタイです。

 

因みに私は、宿泊先であるウィチットリゾートプーケットホテルの目の前にあるタイ料理屋とホテルでの食事がほとんどでした。店員さんは凄くフランクで、すぐ話しかけてくれます。しかし、英語がものすごく鈍っているので聞き取るのが大変(^^;)

 

 

タイに行ったら食べるべきタイ料理!!

トムヤムクン

f:id:momoso0409:20170118212529j:plain

 

有名ですが、食べるまでトムヤムクンが何かは知りませんでした。

 

トムヤムクンとは世界三大スープの一つです。見た目は赤く辛そうですが、そこまで辛くはありません。見た目以上に酸味があります。中にはパクチーや生姜の薄切り、エビなどの、食物繊維たっぷりの野菜がたくさん入っています。

最初、食べ方がわかりませんでした。繊維ばかりで、どこからどこまでが食せるのか…具は全部食べようと思いましたが、無理でした。調べたところ、具は食べても食べなくてもいいそう。因みに、タイ人でさえ食べないそうです。笑

 

 

②カオ・パッ・サッパロ

f:id:momoso0409:20170118212722j:plain

 

パイナップルチャーハン。お皿の上にパイナップル器にし、中にチャーハンを入れています。果実たっぷりでチャーハンがマイルドに。時々くる、パイナップルの酸味がとても良いです。日本人の口に合う味付けで美味しいです。ガイドブックにも載っている超王道おすすめの一品!!

 

海鮮フォー(クイティアオ)

f:id:momoso0409:20170118212400j:plain

 

 タイ料理でフォーと言われるものは、実は「フォー」ではなく「クイティアオ」。フォーもクイティアオも同じ米麺ですが、スープが違います。フォーは牛か鶏、クイティアオは魚や豚などいろいろなスープがあります。また、麺の太さもたくさんあります。今回食べたのは、海鮮スープなのでクイティアオが正解ですね。しかし、名前は呼びにくいし覚えられないので、フォーでいっか笑

 

スープの中には麺、エビなどが入っていました。出汁もよく効いていて、細麺のためするするとお腹に入る!割とさっぱりしていて美味しかったです。

 


 

以上、タイに行ったら食べるべき王道料理でした!!どれも日本でも食べられる料理ではありますが、現地の味と日本の味はまた違いますもんね。

 

次回はパトンビーチ!

 

 

つづく

タイの島といえば、ここ「コーラル島」に行ってきたよ!!【レポート③:コーラル島、ピピ島、パラセーリング編】

mileagerun.hatenablog.jp

 

 

「タイ」というと、若きディカプリオ主演の映画【THE BEACH(ザ ビーチ】を見たことありますか?!

 

 

「そこは、美しすぎるほどに美しく、日常の全てから開放される夢の楽園」

 

 

と、映画のフレーズで言われる伝説のビーチ。それが、タイのピピ・レイ島にあるマヤベイです。

 

通称「ピピ島」と呼ばれていますが、ピピ島には、ピピ・レイ島とピピ・ドン島と呼ばれる二つの島になっており、映画で登場するマヤベイと呼ばれるビーチはピピ・レイ島にあります。

 

タイに行く予定の方は、一度映画を見てみるといいですよ!!

 

 

 

ピピ島

 Embed from Getty Images

 

 

綺麗ですよね!

 

しかしながら、今回私はピピ島ではなく、コーラル島に行ってきました。

 プーケットしまかぜ案内人」さんというツアー会社を利用して、コーラル島ツアー+パラセーリングに参加しました!!(一人約6000円+食事付)

 

 ホームページはこちら↓↓

プーケットツアーはプーケットしまかぜ案内人のオプショナルツアー

 

 

当日は、ツアー会社の方がホテルまで迎えにきてくれます!!

 

私たちの宿泊先「ウィチットリゾートプーケット」から車で約15分。コーラル島まで行くための船乗り場に到着。トイレは有料(50円くらいだったかな?)、お土産屋さんもありました。

 

ここで、「あっちゃん」という日本語ぺらぺらのタイのガイドの方と合流。さばさばしてて、面白い方でした!!

 

 

小型の船でコーラル島まで向かいます。これが結構揺れる、船尾側は水がかかるし、酔います。

 

f:id:momoso0409:20170107172131j:plain

f:id:momoso0409:20170107172607j:plain

 

 

船で約15分、コーラル島に到着!!

 

 

コーラル島はこんなところ!

f:id:momoso0409:20170107172851j:plain

 

プーケットからボートで約15分で着くサンゴ礁の島。プーケット最南端にあるチャロン湾に位置します。この島では、シュノーケリング、バナナボート、ダイビングやパラセーリングetc...多数の水上アクティビティが楽しめます。コインロッカーもあります。

 


 

この島、驚くほど、ものすごい大勢の中国人観光客がいます。 ただし、ビーチは広く、ガイドさんに案内される場所はガラガラです!

 

f:id:momoso0409:20170107180237j:plain

 

 

肝心の海ですが、雨季のため若干濁っていますね。

シュノーケリングもしようと思いましたが、全然見えなかったので断念。綺麗といえば、綺麗だけど、透明度はそこまででもありませんでした(^^;

 

f:id:momoso0409:20170107183458j:plain

 

 

朝9時半~夕方4時頃まで、ほぼ自由時間なので結構時間があるので、ビーチで本を読んだり、ビーチバレーをしたり、浜辺で写真を撮ったり。

 

f:id:momoso0409:20170107183937j:plain

 

2時頃からは皆、写真撮影タイムになっていました。

「わざわざ持ってきたの?!その服!!」っていうくらい、中国人の服装が凄いこと・・・。

 

 

皆写真撮り慣れてるなー。よし私も!!

 

 

と思い、夫に撮って貰いましたが、お腹が出ててドラ●もんみたいになってしまいました。

 

f:id:momoso0409:20170107175728j:plain

 

 

ツアーガイドのあっちゃんに呼ばれて、「そろそろパラセーリングいってきて~あっちの人に言えばわかるから~」ってざっくりと説明を受けてとりあえず、言われた方向に進む。

 

適当に話しかけたら、その辺に座ってって言われるが、しばらく経っても何も声掛けられない・・・。

 

「パラセーリング・・・」

 

ってスタッフに言ったら

 

「ああ、、あれ。」

 

って船を指さされて動き始めてる船に急いで乗る。笑

 

その辺りは適当なのね・・・(^◇^;)

 

 

パラセーリングにチャレンジ!

 

船にのって水上の板みたいなところに到着して、順々に飛んでいく。

パラセーリングのスタッフたちも力仕事で大変そう。

 

f:id:momoso0409:20170107184648j:plain

f:id:momoso0409:20170107184649j:plain

 

ボートは運転したまま、降りてきた人を飛ばないように皆で抑えて、次の人と入れ替わり、スタッフの一人は客の後ろに急いで乗り込む。

 

f:id:momoso0409:20170107184932j:plain

 

 

全然怖くはないけど、近くを1周ぐるっとして交代。5分くらいで終わってしまいました。

 

 

「みじかーいっ!!!」

 

 

まぁ、やってみたかったから、出来ただけよかったかな♪

結局、ほぼ泳がず、のんびりしただけのコーラル島でした。

f:id:momoso0409:20170107185518j:plain

 

 

 

次回はタイ料理とゾウ乗り体験!!

 

続く

 

mileagerun.hatenablog.jp

新年のご挨拶

 

明けましておめでとうございます!!

 

2017年になりましたね。本当に一年あっという間です。歳を取るたびに、ますます時が経つのは早いものだと実感させられます。

 

結婚して初の年末年始は、年賀状を書いたり帰省したり、大掃除をしたり、仕事が繁忙期に入ったり、っとやること山積みで、なかなかブログも更新出来ずでした。

 

以前ほど更新数も多くはありませんが、誰かの役に立てるブログになるよう、これからも書き続けて行きます!!

 

今年もよろしくよろしくお願いします!!

 

 

プーケットの海はエメラルドグリーンだった!!【レポート②:ホテル、部屋、海編】

 

 

隠れ家的ホテルに泊まりたい!と思い、プーケットの中でもちょっと奥まった場所、ラワイ地域にあるウィチットリゾートプーケットに4泊6日で行ってきました!!

 

海の写真なども含めレポートします(^^)!!

 

ここはプーケット空港から1時間くらいの場所にあります。日本旅行のガイドの方がホテルまで案内してくれました。

空港に着いた時間が遅く、車の外が全然みえず…笑

 

mileagerun.hatenablog.jp

 

ヴィチット リゾート プーケット

f:id:momoso0409:20161229221303j:plain

 

ホテルランク 5つ星★★★★★

 

プーケット南部のラワイビーチエリアに位置する東京ドーム1.5個分の敷地をもつホテル。独立ヴィラが全部で92棟あり、プライベート感を楽しめる隠れ家的リゾート。インフィニティープールもあります。プーケットタウン(繁華街)へは無料のシャトルバスも出てます!!

日本人にはまだあまり知られていない隠れ家的スポットです。(ツアー会社によってはパンフレットにも載っていません)

 

 

【設備】

WiFi無料、日本人スタッフ有、プール、フィットネスセンター、DVDプレーヤー有、無料カルチャー体験有

 

【無料アクティビティ】

カヤック

 

ウィチットリゾートプーケット  詳細はコチラ↓

 (ウィチットリゾートプーケット | タイ国政府観光庁

 


 

着いたのは夜8時頃で、辺りは真っ暗…

ようやくホテルについたところで、フロントでお花とお茶を貰えます。

 

f:id:momoso0409:20161229223153j:plain

 

少しすると、スタッフの方が敷地内のレストランやプールなどを案内しつつ、バギーで部屋まで送ってくれました!!

 各部屋ごとに門があり、玄関があるといった造り。ちょっと沖縄みたい。

 

f:id:momoso0409:20161229224749j:plain

 

タイ語

サワディークラッ(プ) おはようございます、こんにちは、こんばんは
コープクン・クラッ(カー) ありがとうございます
カオ

 

挨拶は「サワディカフ」と聞こえます。コープクン・クラッは男性、コープクン・カーは女性の言葉。「コンプンカー」と聞こえます。

タイの料理はチャーハンのような米料理が豊富です。メニューにカオ(Kao)と書いてあるものは米料理なので覚えておくと便利です。

 

 

ヴィラの内部

f:id:momoso0409:20161229225441j:plain

 

周りはヤシの木で囲まれています。

部屋の半分は窓でとても緑が綺麗です。ベットも広く、洗面所のシンクは二つ。バスタブは中、シャワーは外にあります。

 

f:id:momoso0409:20161229225729j:plain

(シンクは2つ)

 

f:id:momoso0409:20161229230550j:plain

(バスタブ)

 

f:id:momoso0409:20161229230941j:plain

(ベッドデコレーション)

 

 

ネムーンプランなので、デコレーションされていました!!かわいい~♪

 

この部屋は、一番普通の部屋「デラックスヴィラ」ですが、70㎡とかなり広いです。もう少し早く予約すれば、早期特典でプールヴィラにランクアップ出来るみたいですが、一足遅かったよう…。

 

とは言え、すごいいい部屋には変わりません。

まず、この部屋のテレビが凄い!!後ろに木の板があるからか、小さいテレビなのに音が凄くいい(°▽°)♪

そして、開放感があり、くつろげる〜!バルコニーにはヘビが出たり、ヤモリやトカゲも発見!!

 

部屋からの眺め

f:id:momoso0409:20161229232122j:plain

f:id:momoso0409:20161229231834j:plain

 

ホテルにはプライベートビーチのようなものがありますが、そこまで綺麗ではなく、結局プールで泳いでいました。

この目の前の海は、干潮になるとかなり水が干き、ずーっと先まで歩けます!!もうすぐ別の島まで行けるんじゃないか?ってくらい。夜、干潮になると砂浜のあちこちに明かりが…多分みんな貝を拾ってるんだと思います!!

 

満潮時でもそこまで深くは無さそう。泳ぐっていう感じのビーチではなかったので、結局ホテルのプールで遊んでいました。

 

f:id:momoso0409:20161229232339j:plain

(干潮時)

 

f:id:momoso0409:20161229232818j:plain

(満潮時)

 

f:id:momoso0409:20161229233132j:plain

(朝日も夕日もきれい)

 

 

【ハネムーン特典】

・早期予約で部屋のグレードアップ

・ワイン一本プレゼント

・フルーツセットプレゼント

・ベッドのデコレーション

 

私達夫婦はお酒を全く飲まないので、ワインをオレンジジュースに交換してもらいました。デザートにクッキーも置いてありました!!

f:id:momoso0409:20161230001912j:plain

 

プーケットの海は綺麗なの?

 

ホテルのビーチ

干潮時の浅い時はかなり水通っていて綺麗です。満潮時もまぁまぁ綺麗かな? 

f:id:momoso0409:20161229233622j:plain

  

f:id:momoso0409:20161229233834j:plain

 

パトンビーチ

f:id:momoso0409:20161229233947j:plain

  

ホテルの無料シャトルバスで約15分、プーケットのちょっとした繁華街パトンビーチ。残念ながら、風が強く波も荒れており、遊泳禁止でした。

 

主に泳いだ場所は、結局ホテルのプールとここ!!↓↓

 

コーラル島 

f:id:momoso0409:20161229234528j:plain

f:id:momoso0409:20161229234300j:plain

 

透明度はそこそこですが、晴れると光でエメラルドグリーンに変わり、海の綺麗なグラデーションを楽しめます!!

 

ピピ島も行きたかったのですが、一人7000円くらいかかりそうだったので、半額で行けるコーラル島にしました。ホテルのプールからもコーラル島が見えるくらい近いですよ(^^)コーラル島の詳細はまた次回。

 

 

続く

 

mileagerun.hatenablog.jp

【2度目の新婚旅行】行き先はタイのプーケット!!(レポート①:基本情報、アクセス、空港編)

f:id:momoso0409:20161223004847j:plain

 

 

 

新婚旅行って何回までいいの?!ハネムーンプランって、最初の一回だけなの?!

気になったので、旅行会社にも直接聞いたり、調べたりしました。

 

新婚旅行はいつまでの期間のこと?

新婚旅行って聞くと『結婚をしたあとの一番最初の旅行』というイメージがありますよね。

しかし、正式には特に【これ=新婚旅行】という規定はないようです。また、新婚旅行は1回のみ!という規定もありません。その人が新婚旅行と思えば、それは新婚旅行になります。

辞書で調べても、「新婚旅行=新婚の夫婦が一緒に旅行に行くこと」と書いてあります。ちなみに新婚は大体3年間くらいまでのことをいうようです。

 

ネムーンプランの適当は出来る場合と出来ない場合があります。ツアー会社によっては1年以内と決めており、結婚証明書をみせないとハネムーンプランにしないと行けなかったり、ハネムーンや記念日ならハネムーンプランで通せたり。

 

初めて新婚旅行をしたのは坂本龍馬

日本初の新婚旅行を行った夫婦は、坂本龍馬夫妻であるとされ、妻のお龍との結婚後の1866年、しばらくは九州薩摩に滞在している。ただしこれは寺田屋事件で負った傷の治療(湯治)もかねてということである。
(引用元:新婚旅行 - Wikipedia

 

 

二度目のハネムーンはプーケットへ!

 

結婚式を挙げてすぐ、1回目の新婚旅行、タヒチに行ってきました。

そこで過ごした日々が忘れられず、約半年後、2度目のハネムーンに行ってきちゃいました!!とは、言っても予算は考えながらですが・・・。

 

「リゾート、いいホテル(ヴィラ)、予算は一人約12万、治安がいい場所」

という条件から見つけたしたのが、タイのプーケット!!

 

mileagerun.hatenablog.jp

 

タイ王国プーケット

f:id:momoso0409:20161223002235p:plain

国名 タイ
正式名称 タイ王国
面積

513,115k㎡

人口 約6718万人
首都 バンコク
宗教 仏教95%、イスラム教4%、その他1%
島数 15島
言語 タイ語、南タイ語、北タイ語、イーサーン語etc
時差 -2時間
年間平均気温 29度

 

面積は日本の約1.4倍。年間の平均気温は29度とかなり暑いです。

 

乾季(11月~2月)晴れの日が続き過ごしやすい。*11月~12月は南部のみ雨季

暑気(3月~5月)1日中暑い日が続き、毎日スコールが降る。

雨季(6月~10月)雨が降ったり、止んだり。

 

雨が降ると言っても、1日中降るわけではなくて、降ったり止んだりの天気です。

タイの南部のみ、他の少し異なるので2月~4月頃がおすすめの時期です。

 

 

タイの治安

タイは親日の国なので、皆優しいですが、実はタイの南部ではテロが多発しています。とはいっても、ISとは無関係で宗教の対立によって発生しています。また、毎年8月になるとバンコクで選挙によりテロが多発しているそうです。旅行予定の方は気をつけましょう。

t-freak.info

 

 

アクセス

今回行ったのはタイのプーケットです。

関西国際空港からバンコク経由で行きます。

 

大阪関西国際空港バンコクプーケット

(国際線約6時間半→国内線1時間20分)

 

 

プーケット国際空港到着!

 

9月末のプーケット、雨季に入りかけの時期に行ったのですが日本人は少なめでした。現地の人ばかり!!

今回は、日本旅行ツアーで行きました。ツアーガイドの方にお話を聞くと、日本人観光客は少ないとのこと。バンコクの方は多少いるが、それでも少ないそうです。

 

ここプーケット空港はかなりたくさんの両替所がありました!歩けば歩く度、両替所。

 

タイのお金はタイバーツ(THB)といい、

1タイバーツ=約3.2円

タイの物価は安く、日本の約1/3。500円あればメイン料理とドリンクが飲めます。

 

実際タイの物価ってどうなの?タイの物価解説最新版 | Compathy Magazine

 

f:id:momoso0409:20161223000218j:plain

 

 

日本人観光客が少ないからか、ガイドさんも日本語があまり上手ではない・・・(^^;でも、頑張ってはいた!

 

私たちが行ったのは、プーケットの中でもずっと下の方。本屋さんやネットで調べてもホテル以外の情報が得られないような場所です。

 

タイの地図

f:id:momoso0409:20161223003447j:image 

バンコクからプーケットはまぁまぁ距離があります。今回行ったのは、白い丸がついているちょっと上あたりの、「ラワイ地区」と呼ばれる閑静な場所にある、隠れ家的リゾート「ウィチットリゾートプーケットに4泊6日で宿泊しました。

ラワイ・ビーチ | タイ国政府観光庁

 

guide.travel.co.jp

 

 

 

続く。

mileagerun.hatenablog.jp

【逃げ恥の地】みなとみらいは夜景が超きれいだった!!

 

 

今日で、今人気絶調のドラマ

逃げるは恥だが役に立つ」も最終回でした!!久々に日本のドラマ、ハマりました。

 

逃げ恥の撮影場所は東京近辺のデートスポットで人気の場所!!

神奈川県にある、

 

『みなとみらい(桜木町)!!!』

 

アクセス

東京駅→桜木町駅 JR京浜東北線or東海道線で約45分(550円)
東京駅→横浜→みなとみらい駅 横浜でみなとみらい線に乗換(645円) 

 

みなとみらいと桜木町は隣接していて徒歩5分くらいの距離なので、JRで桜木町へ行っても、みなとみらい線でみなとみらいへ行ってもそこまで変わりません。

そこ以外の「元町中華街」や「大さん橋」方面へ行かれる方はみなとみらい線の方が便利です。

みなとみらい線ご利用の方は、みなとみらい線1日乗り放題の「一日乗車券」がお得!!

 

www.mm21railway.co.jp

 

今はなかなか行けなくなってしまいましたが、昔から大好きでよく行っていた場所です。先月、久々に行ってきました(^○^)♪今はクリスマスでイルミネーションがたくさんありました。

 

みなとみらい旅日記

 

「みなとみらい」って、横浜から割と近いのにザワザワしていなくて、空も広い!!都会過ぎず、落ち着ける雰囲気の場所です。

 

f:id:momoso0409:20161220234151p:plain

 

今回は、桜木町下車で駅周辺を散策。

 

桜木町駅前は広場になっていて、よく路上ライブやマジックショー等をやっています。ここの駅は働きに来ている外国人が沢山!!

 

f:id:momoso0409:20161220161855j:image

 

少し歩くと遊園地や船が見えます♪

駅の近くの階段を登ると歩く歩道があります。観光バスもたくさん走っていますよ!

 

f:id:momoso0409:20161220215641j:image

 

ランドマークタワー内には、ブランド店やレストランが豊富!!

大きいツリーも飾られています。この敷地内はおしゃれなお店ばかり。

 

 f:id:momoso0409:20161220231608j:image

 

マークイズの出口を出たところ。

 

f:id:momoso0409:20161220231633j:image

f:id:momoso0409:20161220231741j:image

 

ランドマークタワーの横の建物、クイーンズスクエアにも大きなツリーが!!

 

f:id:momoso0409:20161220231811j:image

f:id:momoso0409:20161220231901j:image

 

この付近って、ショッピングモールがものすごく沢山あるんですよね!!私も未だに覚えきれていません。

クリスマス以外のシーズンも素敵な場所なのにさらに、イルミネーションで街中が輝いていました。

 

そこで、みなとみらいに訪れたら、ぜひ行って欲しい場所を紹介します。

 

 

みなとみらいに行ったら行くべき場所5選!! 

①赤レンガ

ここは、PV映像やドラマでも登場する場所です。中には、お店が沢山はいっています。

 

f:id:momoso0409:20161221000101j:plain

横浜赤レンガ倉庫|横浜の景色と海風、そして文化や歴史を体感できるイベント・お食事・ショッピング施設

 

②元町中華街

みなとみらいから20分くらい?歩きますが、安くて美味しい中華料理が食べられます!!

 

f:id:momoso0409:20161221002638j:plain

[公式]横浜中華街の食べる・飲む・買う・楽しむが分かる!300店舗以上掲載!

 

ワールドポーターズ

ここもショッピングモール。かなり大きいです。ここの屋上は、パターゴルフなども楽しめ、夜は人も少なく、夜景も綺麗な穴場です。映画館も入っています。

 

f:id:momoso0409:20161221000902j:plain

 

みなとみらいのショッピングなら横浜ワールドポーターズ

 

④コスモワールド

入場料無料の遊園地。小さい子用のアトラクションが多めですが、乗らなくてもワクワクします。大きい観覧車があります!

 

f:id:momoso0409:20161221000931j:plain

 

よこはまコスモワールド - 大観覧車が目印の都市型立体遊園地

 

大さん橋

みなとみらいと言ったらここに寄らずにいられない!!日中もいいですが、夜は夜景がすごく素敵です。赤レンガ、遊園地をバックにみなとみらい周辺を眺めることができます。

 

f:id:momoso0409:20161221000320j:plain

 

TOP|横浜港大さん橋国際客船ターミナル

 

 

大桟橋の夜景

f:id:momoso0409:20161221000735j:plain

大きな船も止まります。クルーズ旅行などの経由地でもあります。

 

f:id:momoso0409:20161221000553j:plain

 

f:id:momoso0409:20161221000521j:plain

 

f:id:momoso0409:20161221000246j:plain

f:id:momoso0409:20161221001802j:plain

 

 ここ大桟橋では、たった10分くらいの間でいろんな表情を見せてくれます。

結構前に撮った写真です。上手く撮れてはいませんが、本当に綺麗な景色ですよ!!

みなとみらい地区に行く際はぜひ大桟橋に足を運んでみてください♪