読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぐーたら桃子のマイルの旅

国内外問わず、地域情報や海外情報を書いていきます

タヒチ旅行の旅費・注意点・ポイント【レポート④:タヒチ島、完結編】

もも 418

 

水上コテージ5日間は本当にあっという間。タヒチ旅行6泊8日といっても2日間はほとんど移動時間だし、旅費も高いし最低でも6泊8日は必要だと思いました。これ以上少ないと勿体ない気がします。タヒチ旅行は何日間がおすすめ?

そもそも、成田空港からタヒチへの直行便は週2回しか飛行機がないので、宿泊出来る日数は限られてしまいます。

直行便フライトスケジュール <2015.10月現在>
月・土曜日の成田発着で週2便運行しています。

行き 
TN-077
月・土
成 田発(16:35)
月・土
パペーテ着(08:45)
帰り
TN-078
金・日
パペーテ発(06:50)
土・月
成 田着(14:05)

 設定可能日程 
月曜日発
6・8・13・15日間など
土曜日発 8・10・15日間など
フライト時間
 
行き約11時間半/帰り約12時間

2015年10月現在

(引用元:ココナッツクラブ http://www.oceanmate.co.jp/tahiti/flt.html

 

 

モーレア島にはちゃんとしたお土産屋さんがありません。 小さいワイン工場やジャム屋さんのような小さな売店くらいですね。 なので、7日目(6泊目)は水上コテージを離れて、タヒチ島に移動。 経路は行きと同じように船にのって戻るだけ。

ボラボラ島とどっちにするか最初迷ったけど、モーレア島で良かった~!なんせ、日本人が少ないことが素晴らしい。ボラボラ島は日本人多いらしいんですよね。5泊して日本人は3,4組くらいしかホテルでお会いしませんでした。

ホテルの人も宿泊者も素敵な方ばかりでした。すれ違う度に挨拶してくださる!!

ああ・・・夢の国だった。

BYE BYE~MOOREA ISLAND......

 

もも 648

 


モーレア島から約30分かけてタヒチ島に向かいます。

行きと同じポートに到着。そこからしばらく車移動。モーレア島と比べると車も多く、ショップも沢山。雰囲気がガラっと変わりました。

最終日は、パペーテ空港から車で約5分のマナヴァ スイート リゾート タヒチに宿泊。

マナヴァ スイート リゾート タヒチ

もも 679

ホテルランク 4つ星★★★★

空港から車で約5分、市内まで約10分というアクセス抜群な立地。 ホテル内にはインフィニティプール、室内にはキッチン、食器などが備えられています!! ホテルの近くには「カルフール」という大型スーパーやショッピングモールがあり、お土産もそこで買うことができます。 フロントの人にいえば、タクシーを手配してもらえます。 スーパーで買った食材を部屋で調理も可能。 コンドミニアムタイプのホテルで部屋数も多く、2棟に分かれて隣同士に並んでいます。 プールは24時間利用可能、横にはバーも! 2009年に出来たばかりの綺麗のモダンなデザインのホテル。

ホテルの詳細はコチラ↓

マナヴァスイートリゾートタヒチ

 


 

f:id:momoso0409:20161201144904j:plain

フロントは、天井が高く広々としています。

 

もも 689

インフィニティープールがあります。天気がいいと夕日がすごく綺麗でモーレア島も見えます。この日は残念ながら曇天。

 タヒチ旅行(一眼レフver.)_7255

ルーム内にはキッチンがあります。引き出しの中に多数の調理器具が入っていました!

タヒチ旅行(一眼レフver.)_8057

窓が大きく解放感があります。今回泊った部屋からはプールと海が見えました。ハネムーンの方へはベッドにデコレーションが♪

 タヒチ旅行(一眼レフver.)_6661

バスルームには、シンクが二つあります。左側にはバス、シンクの右側にはシャワー室がありました。不思議な造り。

 

ここも凄く良いホテルなのに、水上コテージがあまりにも良かったので、少し物足りなく感じてしまいました。

お土産はどこで買う?

もも 698

ホテルの周りは道路。 レストランもあまりなく、歩道も歩きにくい。

ホテルを出て右側に行くと、美味しいと評判のローストチキン屋さんがあるよう。行ってみましたが、残念ながら休業日でした。

(その他:マナヴァリゾート付近のレストラン他

 

フロントでタクシーを呼んでもらい、近くのショッピングモールカルフール(carrefour)」へ。 レストラン街、おもちゃ屋さん、洋服屋さん、スーパー、雑貨屋さんなどが並んでいます。カルフール、時々映画にも出てきますね!笑

 

すーぱー

どこの国に行っても、お土産はスーパーで買うのが一番!! 何より、海外のスーパーって凄くわくわくします。初めて見るものがたくさん。フルーツだって安い。

現地の方より、フランス人やヨーロッパ系の方が沢山いました。 カゴに大量に材料をいれてたけど、BBQでもするのかな?それとも、タヒチに移住?

店内にはココナッツやバニラの石鹸が沢山置かれていて、お土産として注目をあびていました。 種類も豊富!! お土産屋さんや空港だとかなり値段があがるので、スーパーで買うことをおすすめします。

買い物が終わった後、ショッピングモールの駐車場付近に立っていてもタクシーは全然きません。 近くに警備員がいるので、「タクシーを呼んでください。」と頼む必要があります。

日本人3組と相乗りになりましたが、詐欺なんてめっそうもない!タクシーを降りて「○○パシフィックフランだよ」っていわれて、それぞれが支払おうとしたら「NONO!そんなにいらないよ。みんなで○○。一人ひとりが○○じゃないよ~笑」って言われました。他の国なら完全に詐欺られるのに。

 

最終日は、ホテルのプールとスーパーに行ったくらい。翌日の飛行機の出発が早朝のため、深夜4時頃にはホテルを出発。

 

楽しかったな~....。バイバイタヒチ

 

END

f:id:momoso0409:20161201161236j:plain

旅費の合計金額

* HISツアー6泊8日:モーレア島5泊・タヒチ島1泊

*ヒルトン モーレア ラグーン リゾート タヒチ宿泊

*オールインクルーシブ付

今回の旅費は航空代、ホテル代で約45万、オールインクルーシブ代が約5万円。

お土産代が約2万円。

その他(外出時の食費代等)が約2万円。

 

合計:1人当たり約52万円

 

ホテルを選ばず、オールインクルーシブでなければ、もっと安く行けます。

 

タヒチ旅行の注意とポイント

①乾季(4~10月)に行くか、雨季(11月~3月)に行くか

雨季といっても一日中雨が降り続くわけではありません。 スコールのように、突然雨がどばーっと降ってすぐ止むのが一日に数回。 乾季の方が、景色、海ともにすべて良いということは間違いないです。

②モーレア島?ボラボラ島

どこの島にするか。タヒチには魅力的な島がいっぱい!迷いますよね。 ダイビングを楽しみたい方は、ランギロアなどのダイビングスポットが有名な島へ。 モーレア島かボラボラ島かは、お金との相談。 モーレア島の方が5万~10万程安くなります。でも、一番重要なのはホテルです。

③ホテルの選び方

ホテルの水上コテージの周りの海を予約の前に事前にチェック。これ、一番大事です。 ホテルの立地によって海の透明度が全然違ういます。

 ・水上コテージの周りにサンゴがあるか?

・海はきれいか?

・水上コテージの密着度、形はどういう感じか?

以上をちゃんと確認しましょう。周りは海でも自分のコテージが他の部屋に囲まれていると嫌ですよね。サンゴが多い方が魚も多く見ることが出来ます。

④旅費

島、シーズン、ホテルによって金額は大きく変わってきます。 ただ、本当にホテルは重要になってくるので妥協しないことをおすすめします。 高額な金額を叩いて失敗なんて、本当に勿体ない。 だったら、同じ金額を出して別の海外リゾートで高級ホテルに泊まるべき。

⑤食事

オールインクルーシブにするか否か。 タヒチの料理は本当に量が多いです。料理にもよりますが、ほとんどの料理が日本の3倍あります。一品毎に注文すると 1食4000円ほどですが、これをシェアしても丁度いいくらいの量は食べられます。 お酒を飲む方は取り入れてもいいと思いますが、食べきれないこともしばしばあるので、よく考えましょう。食べ放題、飲み放題は気軽でいいですけどね。

⑥日焼け対策をきちんとしよう

タヒチの紫外線は日本の4倍とも言われています。 曇っていても紫外線は浴びているので、ちゃんと日焼け止めを持って行きましょう。 ラッシュガードを1枚持って行くと凄く重宝するのでおすすめ! また、マリンシューズもあると便利です。

⑦海はわりと深め

透明過ぎて奥行きがわかりにくいかと思いますが、写真で見るよりも水上コテージの周りは深いです。 私は身長160cmですが、足はつきません。

 

死ぬまでにまた行きたい場所

結婚式後の豪華ハネムーン旅行。 そんなにお金がない時期でしたがケチらないでいいホテルにして本当に良かったと思います。 ヒルトンのスタッフはみんな陽気で、すれ違うたびにイオアラナ~(こんにちは)、マーウルウル~(ありがとう)と挨拶してくれ、 困った時は声をかけてくれ、すぐに対応してくれました。こんなに温かいスタッフ方は初めて!マナヴァリゾートの方たちも勿論、よかったです。

こんなに綺麗な海を見たのは初めてで、彼も私もテンションMAX。 毎日6時から海に入ったり、写真をとったり。 普段、あまり美味しいと思っていても言葉にしない私が、「え、なにこれ美味しい!」というくらい料理が美味しかったです。 環境との相乗効果もあるかもしれませんが。

以上長くなりましたが、タヒチの旅日記でした!(^^) 読んでくださった皆様、ありがとうございます。

広告を非表示にする